コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林屋友次郎 はやしや ともじろう

1件 の用語解説(林屋友次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林屋友次郎 はやしや-ともじろう

1886-1953 大正-昭和時代の実業家,仏教学者。
明治19年5月15日生まれ。大正4年東京鋼材社長。15年社長を辞任し,昭和17年まで駒沢大教授をつとめる。仏教について実践的な研究と解釈をおこなった。昭和28年12月21日死去。67歳。石川県出身。慶応義塾卒。著作に「経録研究」「異訳経類の研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の林屋友次郎の言及

【王朝交替論】より

…かつて津田左右吉が,《古事記》《日本書紀》には,仲哀天皇と応神天皇の間で一つの段落があり,仲哀以前は天皇の系譜が父子相承となっていたり,天皇の称号だけで諱(いみな)を欠いているなど,実在性に乏しく,6世紀の帝紀(ていき)に記されていたのは,応神より後の天皇であろうとしたことにはじまる。その後,林屋友次郎によって,〈応神新王朝論〉が説かれ,応神以前の天皇は存在しないとされ,水野祐は,仲哀以前を〈古王朝〉,応神以後を〈中王朝〉とし,邪馬台国と戦った狗奴国が東遷して,この〈中王朝〉を形成したと考え,いわば江上波夫が,大和の王朝を騎馬民族の征服によって生まれたとした騎馬民族説をさらに進め,〈ネオ騎馬民族説〉とでもいうべきものを主張した。他方で,〈古王朝〉は大和三輪にあり,〈中王朝〉は河内に成立し,河内王朝が三輪王朝を征服したという説もあらわれた。…

※「林屋友次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

林屋友次郎の関連キーワードナンバースクール単層原子力産業岩石区紀行文学日活(株)砥石ダットサンDB-5型日野ルノー PA型日本自由党

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone