コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林左門 はやし さもん

1件 の用語解説(林左門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林左門 はやし-さもん

1825-1888 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政8年9月生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。尊攘(そんじょう)派として活躍し,文久3年(1863)藩主徳川慶勝(よしかつ)の京都入りを警護した。のち笠松県知事,会計官権(ごんの)判事などをつとめた。明治21年12月30日死去。64歳。通称は六郎。のち安孫子静逸(あびこ-せいいつ)と改名。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林左門の関連キーワードウィルヘルムアレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧税所敦子ミシンウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone