コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林左門 はやし さもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林左門 はやし-さもん

1825-1888 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政8年9月生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。尊攘(そんじょう)派として活躍し,文久3年(1863)藩主徳川慶勝(よしかつ)の京都入りを警護した。のち笠松県知事,会計官権(ごんの)判事などをつとめた。明治21年12月30日死去。64歳。通称は六郎。のち安孫子静逸(あびこ-せいいつ)と改名。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林左門の関連キーワード明治時代官吏

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android