コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林左門 はやし さもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林左門 はやし-さもん

1825-1888 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政8年9月生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。尊攘(そんじょう)派として活躍し,文久3年(1863)藩主徳川慶勝(よしかつ)の京都入りを警護した。のち笠松県知事,会計官権(ごんの)判事などをつとめた。明治21年12月30日死去。64歳。通称は六郎。のち安孫子静逸(あびこ-せいいつ)と改名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林左門の関連キーワード明治時代官吏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android