コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林悌 りんてい(R)Im Che

世界大百科事典 第2版の解説

りんてい【林悌 (R)Im Che】

1549‐87
朝鮮,李朝中期の文章家。号は白湖,謙斎,楓江,嘯痴。羅州の人。秀才聞えが高かったが,当時激しかった両班(ヤンバン)社会の党争を慨嘆し,官は礼曹正郎兼知製教で辞め,もっぱら名山に遊んで詩酒を友とした。その詩文は豪放快活,実生活でも逸話が多い。たとえば平安都事として赴任する途中,両班の体面など無視して名妓黄真伊の墓に詣で盛大な法事を営んで罷免されたり,死の床で〈中国をはばかり帝国と称しえない朝鮮などに生まれたのは痛恨事だから,自分が死んでも泣いてはならぬ〉と遺言したという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

林悌の関連キーワード鴨川をどり

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android