コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林悌 りんてい (R)Im Che

1件 の用語解説(林悌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんてい【林悌 (R)Im Che】

1549‐87
朝鮮,李朝中期の文章家。号は白湖,謙斎,楓江,嘯痴。羅州の人。秀才の聞えが高かったが,当時激しかった両班(ヤンバン)社会の党争を慨嘆し,官は礼曹正郎兼知製教で辞め,もっぱら名山に遊んで詩酒を友とした。その詩文は豪放快活,実生活でも逸話が多い。たとえば平安都事として赴任する途中,両班の体面など無視して名妓黄真伊の墓に詣で盛大な法事を営んで罷免されたり,死の床で〈中国をはばかり帝国と称しえない朝鮮などに生まれたのは痛恨事だから,自分が死んでも泣いてはならぬ〉と遺言したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林悌の関連キーワード三浦の乱蘇洵鄭麟趾桐城派李朝実録書堂撰文唐宋八家文士文章家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林悌の関連情報