コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林東溟 はやし とうめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林東溟 はやし-とうめい

1708-1780 江戸時代中期の儒者。
宝永5年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩校明倫館で山県周南にまなぶ。大坂,京都で塾をひらき,上方ではじめて徂徠(そらい)学を講じた。弟子鍋島公明の偽作事件に関連し,服部南郭らに排斥された。安永9年9月25日死去。73歳。長門出身。名は義卿。字(あざな)は周父。通称は周助。著作に「詩則」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林東溟の関連キーワード儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android