コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林清三 はやし せいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林清三 はやし-せいぞう

田山花袋の小説「田舎教師」の主人公
中学卒業後,貧しさから進学せず,寒村の小学校の代用教員となる。友人の妹への思いがたたれ,すさんだ遊廓通いのすえに音楽学校を受験するが失敗。病におかされ,日露戦争の遼陽陥落をいわう万歳の声をききながら,24歳で死去する。小説は明治42年左久良書房より刊行。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林清三の関連情報