コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林相 リンソウ

デジタル大辞泉の解説

りん‐そう〔‐サウ〕【林相】

木の種類や生え方などによる、森林の様相。
「門のように迫った両側の丘の―も」〈大岡野火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りんそう【林相】

樹種・樹齢、樹冠や木の生育状態などによる森林の様子・形態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の林相の言及

【樹冠】より

…また,森林中でどのような種と混生しているか,独立樹となるかによっても形が異なっているが,同じ条件下では種によって樹冠の形はほぼ一定している。樹冠がより集まって森林の外観にさまざまな特徴を描き出すが,それを林相forest physiognomyという。落葉樹では樹冠の中の葉の密度がそれほど高くない場合が多く,内部まで一様に葉がつくのがふつうであるが,常緑樹では葉が樹冠の外側に密につくので光が内部では乏しくなり,内部には葉は少ない。…

※「林相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

林相の関連キーワード養老渓谷奥清澄県立自然公園ジャラ・ナート カナルバンクーバー(カナダ)富士箱根伊豆国立公園シホテ・アリニ山脈M. トドロビッチミルトン マルガイ石城山県立自然公園丹沢大山国定公園妹背山(奈良県)シュトロウガルフランス(国)中能登(町)御前崎(岬)多良木(町)チェルノーフ横須賀(市)アマゾン川ポーランド枝幸(町)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android