林相(読み)りんそう

精選版 日本国語大辞典「林相」の解説

りん‐そう ‥サウ【林相】

〘名〙 樹木の種類や生え方などからみた森林の状態。林の形態。
※土(1910)〈長塚節〉二五「彼は漸く林相を形づくって来た櫟林に沿うて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の林相の言及

【樹冠】より

…また,森林中でどのような種と混生しているか,独立樹となるかによっても形が異なっているが,同じ条件下では種によって樹冠の形はほぼ一定している。樹冠がより集まって森林の外観にさまざまな特徴を描き出すが,それを林相forest physiognomyという。落葉樹では樹冠の中の葉の密度がそれほど高くない場合が多く,内部まで一様に葉がつくのがふつうであるが,常緑樹では葉が樹冠の外側に密につくので光が内部では乏しくなり,内部には葉は少ない。…

※「林相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android