コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林相 リンソウ

2件 の用語解説(林相の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りん‐そう〔‐サウ〕【林相】

木の種類や生え方などによる、森林の様相。
「門のように迫った両側の丘の―も」〈大岡・野火〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の林相の言及

【樹冠】より

…また,森林中でどのような種と混生しているか,独立樹となるかによっても形が異なっているが,同じ条件下では種によって樹冠の形はほぼ一定している。樹冠がより集まって森林の外観にさまざまな特徴を描き出すが,それを林相forest physiognomyという。落葉樹では樹冠の中の葉の密度がそれほど高くない場合が多く,内部まで一様に葉がつくのがふつうであるが,常緑樹では葉が樹冠の外側に密につくので光が内部では乏しくなり,内部には葉は少ない。…

※「林相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林相の関連情報