コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林賢徳 はやし けんとく

2件 の用語解説(林賢徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林賢徳 はやし-けんとく

1838-1914 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)9年8月6日生まれ。もと加賀金沢藩士。明治8年士族のための授産施設農学舎を東京麻布につくる。14年日本鉄道会社をおこし,東北本線,高崎線などを開通させ,39年国有化されるまで重役をつとめた。大正3年6月13日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林賢徳

没年:大正3.6.13(1914)
生年:天保9.9.8(1838.10.25)
明治時代の鉄道家。金沢藩士林市之丞の長男。明治1(1868)年民政局に出仕,兵部省操練所,海軍大尉兵学大助教などを経て8年に辞官。11年に東山社を創立,東京・高崎間,東京・青森間の鉄道建設および京浜間官設鉄道払い下げを企てるが失敗。14年に岩倉具視ら華士族の賛同を得て日本鉄道会社を設立,そのプロモーターとして活躍する。同社の理事委員,検査委員,取締役などを歴任する一方,岩越鉄道や七尾鉄道の経営にもかかわる。金沢の育英舎,東京の明倫舎を通じて,郷里の青年の育英事業にも尽力した。

(老川慶喜)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林賢徳の関連キーワード前田利嗣稲垣義方加藤恒観世銕之丞(5代)斯波蕃鈴木義敬長谷川準也林市之進平野藤兵衛村野山人

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone