東北本線(読み)とうほくほんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東北本線
とうほくほんせん

東北地方の幹線鉄道。 JR東日本。東京-盛岡間,八戸青森間 667.7km。全線複線,電化。日本最初の私鉄である日本鉄道が建設。 1883年上野-大宮間が開通し,1885年宇都宮まで延長。 1891年に全線開通。 1906年国有化。青森で青函トンネルによって北海道と連絡。 1985年3月,上野,大宮,宇都宮,福島,仙台,盛岡を結んで東北新幹線が営業開始。 1987年4月民営化された。 2002年 12月東北新幹線の延伸開業に伴い,盛岡-八戸間は第3セクターの IGRいわて銀河鉄道 (盛岡-目時間) と青い森鉄道 (目時-八戸間) の2社に経営が移管された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうほく‐ほんせん【東北本線】

宇都宮福島仙台盛岡を経由して東京と青森を結んだJR線。もと日本鉄道で、明治39年(1906)国有化。昭和62年(1987)民営化。平成14年(2002)東北新幹線八戸延伸に伴い、盛岡・八戸間がIGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道に移されたため、東京・盛岡間と八戸・青森間の2区間に分かれている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東北本線【とうほくほんせん】

東京〜盛岡間ほか4支線(36.4km)のJR線。営業キロ571.7km。東北地方を縦貫する幹線で,宇都宮,福島,仙台,盛岡などの主要都市を結ぶ。日本鉄道により1891年上野〜青森間全通,1906年国有化,1925年東京まで延長。1968年全線電化。上野〜黒磯間は宇都宮線と愛称。東京〜青森(新青森)間は東北新幹線も営業。2002年の東北新幹線盛岡〜八戸間開業後は,同区間を第三セクターに移管,盛岡〜目時間82.0kmは〈アイジーアールいわて銀河鉄道〉,目時〜八戸間25.9kmは〈青い森鉄道〉となった。2010年の新青森延伸時には,さらに八戸〜青森間を〈青い森鉄道〉へ編入。2010年12月東北新幹線八戸〜新青森間が開業し,東京〜新青森間の全線が開通した。2011年3月の東日本大震災で新幹線を含め全線にわたって不通となる大被害を受けたが,約1ヵ月半で全線復旧し世界を驚かせた。
→関連項目川越線埼京線常磐線新幹線仙台[駅]高崎線磐越東線本宮[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうほくほんせん【東北本線】

東海道本線東京駅を起点とし,福島,仙台,盛岡を経て青森駅に至る739.2kmのJR東日本の営業線。JRの営業線の中では最も長い。日暮里(につぽり)~尾久(おぐ)~赤羽間などの支線計36.4kmもあり,ほかにJR貨物に属する貨物支線4.0kmがある。東北本線は日本鉄道会社の建設によるが,実際の工事は同社の委託を受けて国が進めた。日本鉄道は1881年に設立され,まず東京~高崎および東京~青森間の鉄道建設を計画,83年7月上野~熊谷間が開業,途中駅の大宮から分岐して宇都宮までが85年7月,郡山までは87年7月,仙台を経て塩釜までは同年12月,一ノ関までは90年4月,盛岡までは同年11月にそれぞれ開業した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうほくほんせん【東北本線】

東北地方を縦貫する JR 東日本の幹線鉄道。739.2キロメートル。東京(発着駅は上野)から大宮・宇都宮・郡山・福島・仙台・盛岡を経て青森に至る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東北本線
とうほくほんせん

東日本旅客鉄道(JR東日本)の線路名称。東京―福島―仙台―盛岡間535.3キロメートル、日暮里(にっぽり)―尾久(おく)―赤羽間7.6キロメートル、岩切(いわきり)―利府(りふ)間4.2キロメートル(単線)、赤羽―武蔵(むさし)浦和―大宮間18.0キロメートル、松島―高城町(たかぎまち)間0.3キロメートル(単線)および貨物線6.6キロメートルよりなる。東北本線は基本的には関東地方と東北地方を縦断して東京と青森を結ぶ路線であり、東京―青森間739.2キロメートルがその幹線をなしていたが、東北新幹線の盛岡―八戸(はちのへ)間開通(2002)および八戸―新青森間開通(2010)に伴い、同区間と並行する東北本線の盛岡―青森間(203.9キロメートル)を第三セクターのIGRいわて銀河鉄道および青い森鉄道に移管した。旅客扱い線は特記した線以外は全線が複線および複々線。黒磯(くろいそ)駅を境として、以南が直流、以北が交流電化されている。上野―黒磯間は宇都宮(うつのみや)線の愛称がある。
 日本鉄道によって1883年(明治16)上野―大宮間を開業したのち逐次延長し、1891年青森までを全通した。1906年(明治39)国有化され、1909年の線路名称制定とともに東北本線となった。上野―東京間の旅客線が開業したのは1925年(大正14)であるが、東京側のターミナル駅は開業時より一貫して上野であった。高崎線方面への列車も上野―大宮間では東北本線上を走る。貨物線を除く在来線全線の複線化と電化はともに1968年(昭和43)に完成した。1982年の東北新幹線(大宮―盛岡間)の開業によって、大都市間の旅客輸送の機能は新幹線に移り、在来線は個々の都市圏内輸送を主とするようになった。1987年、日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化に伴い、JR東日本に所属。
 2001年(平成13)の湘南(しょうなん)新宿ラインの運行開始とともに、一部列車は池袋、新宿、渋谷を経由して横須賀(よこすか)線と直通運転を開始した。2015年3月に上野東京ラインが開業したことで、上野止まりであった列車の多くが東海道本線と直通運転を行うようになった。また同年5月には、松島―高城町間に仙石線との連絡線が開通し、仙石東北ラインが運行を開始した。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東北本線の言及

【日本鉄道会社】より

…華士族の財産(金禄公債など)を鉄道に投資することにより,彼らの物質的地位の安定,ならびに沿線の産業開発をはかることを目的に,岩倉具視らが中心となって,1881年に設立された。当初は全国的な規模での鉄道建設を計画したが,実際に建設したのは現在のJRの高崎線(1884年に上野~高崎間が全通),東北本線(1891年に上野~青森間が全通),常磐線の大部分(1898年に上野~岩沼間が全通)などであった。これらの建設にあたっては,政府は国有地の無償貸下げ,8%の配当保証,用地の国税免除,工部省鉄道局による工事の施行や用員の訓練・補充など,手厚い保護・助成を与えた。…

※「東北本線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東北本線の関連情報