林 忠男(読み)ハヤシ タダオ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

林 忠男
ハヤシ タダオ


職業
ジャズ・ハープ奏者

出身地
東京都

学歴
国立音大附属高卒

経歴
ジャズ・ピアノの基礎を八木正生に学び、17歳で銀座のクラブで弾き始める。内田晃一コンボでプロ入り。バードランド5などを経て、20歳でハープに転向。日本では唯一といってよい本格的ジャズ・ハープ奏者として知られた。昭和55年頃からフィリピンに住み、マニラを拠点に活動。特に東南アジアなど海外でその名を広く知られ、人気を博した。レコードに「フィンガー・トリップ」「ライフ」「アランフェス」など。

没年月日
平成13年 7月23日 (2001年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android