枯鱗・涸鱗(読み)こりん

精選版 日本国語大辞典「枯鱗・涸鱗」の解説

こ‐りん【枯鱗・涸鱗】

〙 ひからびたを失った魚。転じて、窮乏しているにたとえていう。
※本朝麗藻(1010か)下・除名之後初復三品〈藤原有国〉「籠鶴放雲振泥翅、轍魚得水潤枯鱗」 〔杜甫‐江陵望幸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android