染み返る/沁み反る(読み)シミカエル

デジタル大辞泉の解説

しみ‐かえ・る〔‐かへる〕【染み返る/×沁み反る】

[動ラ四]
色や香りなどが強くしみ込む。深くそまる。
「丁字(ちゃうじ)に黒むまで―・りたる一襲(かさね)」〈狭衣・一〉
深く心を打たれる。しみじみとする。
「―・り給へる御声の山の鳥どもも驚かい給ふべし」〈浜松・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android