コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染料植物 せんりょうしょくぶつdyer's-weed; dye plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

染料植物
せんりょうしょくぶつ
dyer's-weed; dye plant

根,樹皮,葉,花などに含まれる物質が染料として用いられる植物。古くは盛んに用いられたが,1856年 W.パーキンが合成染料 (モーベイン) を発明して以来,化学染料が用いられるようになって,往時ほどは重要視されなくなった。しかし,その持ち味を楽しんでいろいろなところに残されている。古来日本で用いられたものにはアイ (茎,葉より藍色) ,ベニバナ (花より紅色) ,ムラサキ (根より紫) ,アカネ (根より赤) ,ウコン (根茎より黄色) などをはじめとして,カリヤス (黄色) ,ヤシャブシ (タンニンを含む) などがある。また外国産のものではスオウ (紅褐色) ,ロッグウッド (赤色) などが有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報