コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うこん うこん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

うこん[根菜・土物類]

九州・沖縄地方、沖縄県の地域ブランド。
熱帯アジア原産のショウガ科多年草。15世紀初めから16世紀後半の間に沖縄に持ち込まれた。新陳代謝を促す成分として、うこんに多く含まれるクルクミンが注目されている。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

世界大百科事典内のうこんの言及

【カエデ(楓)】より

…また,新芽や紅葉の美しい清姫,玉姫,出猩々(でしようじよう)などの品種がある。新しい葉を観賞するものに春の芽出しが鮮紅色の赤地錦,千染(ちしお),出猩々,黄色く萌芽するうこん,葉先のみが紅になる爪柿(つまがき)などがある。錦と名の付いた品種は斑入葉が多く,錦葉ものともよばれ,斑入葉の鮮やかな変化を見る日笠山,織殿錦(おりどのにしき),小紋錦,限り錦などがある。…

※「うこん」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

うこんの関連キーワード紅鬱金・紅欝金黄金羹・黄金羮源定平(1)右近衛将監東久世通庸右近衛少将右近の馬場右近衛大将右近衛中将冪根・羃根金櫻神社山科教冬富士正宗御階の橘奈良人形右近将監右近大夫右近中将平好風檀香梅

うこんの関連情報