コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柔細胞 ジュウサイボウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐さいぼう〔ジウサイバウ〕【柔細胞】

植物体の柔組織を構成する細胞。細胞壁は薄い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうさいぼう【柔細胞】

植物の柔組織を作っている細胞。一般に細胞壁は薄く原形質に富み、同化・貯蔵・分解・分泌などの重要な生理作用を営む。葉の同化組織、茎や根の皮層・髄などはこの細胞からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柔細胞の言及

【柔組織】より

…柔細胞parenchymatous cellからなる植物の組織をいう。茎・根の皮層・髄,葉の柵状組織・海綿状組織,維管束の木部柔組織・師部柔組織,果実の果肉,塊茎・塊根その他の貯蔵組織などはすべて柔組織である。…

※「柔細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

柔細胞の関連キーワードケットゴケ(毛布苔)カバノリ(樺海苔)ファイトプラズマエピセリウム細胞カラミテス海綿状組織同化組織貯蔵組織放射組織移入組織原形質石細胞伴細胞維管束落葉同化篩部植物木材種子