柔細胞(読み)ジュウサイボウ

デジタル大辞泉 「柔細胞」の意味・読み・例文・類語

じゅう‐さいぼう〔ジウサイバウ〕【柔細胞】

植物体の柔組織を構成する細胞細胞壁は薄い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「柔細胞」の意味・読み・例文・類語

じゅう‐さいぼうジウサイバウ【柔細胞】

  1. 〘 名詞 〙 植物体の柔組織をつくる、細胞膜の薄い、原形質に富んだ多面体の細胞。同化貯蔵分解分泌などの生理作用を営む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の柔細胞の言及

【柔組織】より

…柔細胞parenchymatous cellからなる植物の組織をいう。茎・根の皮層・髄,葉の柵状組織・海綿状組織,維管束の木部柔組織・師部柔組織,果実の果肉,塊茎・塊根その他の貯蔵組織などはすべて柔組織である。…

※「柔細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android