コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳々居辰斎 りゅうりゅうきょ しんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳々居辰斎 りゅうりゅうきょ-しんさい

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
満納半二ともよばれる。葛飾(かつしか)北斎門人で,寛政(1789-1801)後期から文政(1818-30)前期にかけて活躍。洋風描写による「近江八景」などの錦絵のほか,「狂歌吾妻集」などの狂歌本の挿絵をかいた。名は政之。通称は半次郎。別号に柳花園。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳々居辰斎の関連キーワード辰斎

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android