柳の眉(読み)ヤナギノマユ

デジタル大辞泉の解説

やなぎ‐の‐まゆ【柳の眉】

柳の枝に萌(も)え出た若芽を眉に見立てていう語。
《「柳眉(りゅうび)」を訓読みにした語》女性のほっそりした。女性の美しい眉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やなぎのまゆ【柳の眉】

え出たばかりの柳の葉を眉に見立てていう語。 -の浅緑乱るるまでに春風ぞ吹く/新後拾遺 春上
りゅうび(柳眉)に同じ。 芙蓉のかんばせ-/浄瑠璃・国性爺合戦

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やなぎ【柳】 の 眉(まゆ・まよ)

① (「白居易‐長恨歌」の「芙蓉面柳如眉、対此如何不涙垂」などから) 柳の葉、または柳の萌え出た芽を眉に見立てていう。
※万葉(8C後)一〇・一八五三「梅の花取り持ち見ればが屋戸の乃眉(やなぎノまよ)し思ほゆるかも」
② 女性のほっそりした美しい眉を柳の葉にたとえていう。りゅうび。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)唐船「二八あまりの上臈の、芙蓉のかんばせ柳のまゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android