若芽(読み)わかめ

精選版 日本国語大辞典「若芽」の解説

わか‐め【若芽】

〘名〙 生え出て間もない。新しく萌え出た芽。新芽。嫩芽(どんが)。わかばえ。
※俳諧・本朝文選(1706)九・讚賛類・入学賛〈許六〉「本箱にまづなる桐の若芽かな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「若芽」の解説

わか‐め【若芽】

生え出て間もない草木の芽。新芽。
[類語]木の芽新芽ひこばえ冬芽ふゆめ冬芽とうが花芽はなめ花芽かが葉芽下萌え頂芽腋芽むかご肉芽麦芽もやし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android