柳亭 左楽(4代目)(読み)リュウテイ サラク

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

柳亭 左楽(4代目)
リュウテイ サラク


職業
落語家

本名
福田 太郎

別名
前名=柳亭 燕多,柳亭 路喬,柳家 枝太郎(初代)

生年月日
安政3年 1月2日

出生地
江戸・浅草(東京都)

経歴
浅草山の宿の質屋・福田屋の子。14、5歳の頃から素人連で落語をはじめ、初代柳亭燕枝に弟子入り、燕多と名乗る。その後初代柳亭燕路に譲られ路喬と改める。師匠が3代目春風亭柳枝と改めた後、柳家枝太郎(初代)に。明治17年頃真打昇進。26年12月4代目柳亭左楽を襲名した。その風貌から“オットセイ”とあだ名され、独特の愛嬌ある芸風で柳派の人気者となった。滑稽噺を得意とし「松竹梅」「狂歌家主」を十八番とした。また、ケチで名高く多くのエピソードを残した。37年12月から40年3月まで柳派の頭取をつとめた。44年弟子の芝楽に5代目を譲って引退。著書に「柳亭左楽滑稽落語集」がある。

没年月日
明治44年 11月4日 (1911年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android