コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛嬌/愛敬 アイキョウ

デジタル大辞泉の解説

あい‐きょう〔‐ケウ|‐キヤウ〕【愛×嬌/愛敬】

《古くは「あいぎょう」》
にこやかで、かわいらしいこと。「愛嬌のある娘」「口もとに愛嬌がある」
ひょうきんで、憎めない表情・しぐさ。「愛嬌たっぷりに話す」
相手を喜ばせるような言葉・振る舞い。「愛嬌をふりまく
(多く「御愛嬌」の形で)座に興を添えるもの。ちょっとしたサービス。座興。「ご愛嬌に一差し舞う」「これもご愛嬌。へたな歌でも一曲」
[補説]「あいぎょう(愛敬)2」が清音化し、キャウ・キョウの区別が失われたのち、意味に対応して「嬌」の字が近世以降に当てられるようになった。
[用法]愛嬌・愛想――「愛」は、あるものに備わった、かわいらしさ、ひょうきんで憎めないようすを表しているのに対し、「愛想」は、「愛想がよい」「愛想笑い」などのように、人にいい感じを与えるために示す態度や動作である。◇「愛嬌」は「愛嬌のある顔」のように、その人にもともと身についたものをいうことが多いが、「愛想」は、「お愛想を言う」のように、意識的な動作や態度をいう。◇したがって「愛嬌(愛想)のない人」のように相通じて用いられることもあるが、「愛想が尽きる」とはいっても、「愛嬌が尽きる」とはいえない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

愛嬌/愛敬の関連キーワード三遊亭 歌奴(3代目)弘前こけし・木地玩具吉慶堂 李彩(初代)桂 米喬(2代目)男は度胸,女は愛嬌岩井半四郎(4世)男は度胸女は愛嬌締め笑い・締笑い無愛嬌・無愛敬小説坊っちゃん愛想をふりまく笑福亭 松光あいだちなしぼちゃぼちゃオール阪神荻野沢之丞中村勘三郎ぼっとり者丸井 太郎愛くるしい

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android