柳家さん喬(読み)やなぎや さんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳家さん喬 やなぎや-さんきょう

1948- 昭和後期-平成時代の落語家。
昭和23年8月4日生まれ。昭和42年5代柳家小さんに入門。47年二ツ目に昇進し,柳家さん喬を名のる。56年真打昇進。古典落語を中心に人情噺(ばなし)を得意とする。平成25年「さん喬十八番集成―柳家さん喬独演会」他で芸術選奨文部科学大臣賞。26年落語をつうじて日本文化をつたえてきたとして国際交流基金賞。東京都出身。中大附属高卒。本名は稲葉稔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳家さん喬の関連情報