柳家小さん(読み)ヤナギヤコサン

デジタル大辞泉の解説

やなぎや‐こさん【柳家小さん】

落語家。
(3世)[1856~1930]江戸の人。本名、豊島銀之助。「らくだ」「うどん屋」などの上方落語を東京に移す。夏目漱石名人と賞賛したことでも有名。
(4世)[1888~1947]東京の生まれ。本名、平山菊松。「長屋の花見」「湯屋番」「ろくろ首」などを得意とした。
(5世)[1915~2002]長野の生まれ。本名、小林盛夫。芸術祭奨励賞受賞。人間国宝。「親子酒」「宿屋の富」「粗忽(そこつ)長屋」などを得意とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

柳家小さん【やなぎやこさん】

落語家。近代の名人として知られる3代〔1856-1930〕は本名豊島銀之助。《うどんや》《らくだ》《碁泥(ごどろ)》などを得意とした。4代〔1888-1946〕は本名平山菊松。風刺に富む洒脱(しゃだつ)な芸で,得意は《長屋の花見》《雑俳》など。5代〔1915-2002〕は本名小林盛夫。1950年襲名。本格の芸統をつぎ,得意は《三人旅》《長短》など。
→関連項目立川談志

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

やなぎやこさん【柳家小さん】

(三代)(1857~1930) 落語家。本名、豊島銀之助。江戸の生まれ。「うどん屋」「らくだ」などを得意とし、名人と称された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳家小さん
やなぎやこさん

落語家。[関山和夫]

初代

生没年不詳。初代春風亭柳枝(しゅんぷうていりゅうし)門下。音曲噺(おんぎょくばなし)、人情噺を得意とした。晩年、4代目朝寝坊むらく襲名。[関山和夫]

2代

(1849―98)本名大藤楽三郎(おおふじらくさぶろう)。初代柳亭燕枝(りゅうていえんし)に入門し、燕花(えんか)、燕静(えんせい)、燕寿(えんじゅ)から2代目小さんとなり、のちに禽語楼(きんごろう)小さんと称した。滑稽(こっけい)噺をもって明治中期に活躍。[関山和夫]

3代

(1857―1930)本名豊島(としま)銀之助。初め常磐津(ときわず)の太夫(たゆう)で家寿太夫。落語に転じて初代柳亭燕枝に入門し燕花。のち4代目都々逸坊扇歌(どどいつぼうせんか)門人となって都川(みやこがわ)歌太郎。さらに2代目小さん門下に移って小三治から1897年(明治30)に3代目を襲名。『うどん屋』『らくだ』『にらみ返し』など上方(かみがた)落語を多数東京に移し、名人とうたわれた。第一次落語研究会創始者の一人で、優れた人格者でもあった。[関山和夫]

4代

(1888―1947)本名平山菊松。3代目小さんに入門し、小菊、小三治、蝶花楼馬楽(ちょうかろうばらく)を経て1928年(昭和3)に4代目を襲名。『ろくろ首』『長屋の花見』など名高座が好評。[関山和夫]

5代

(1915―2002)本名小林盛夫(もりお)。4代目小さんに入門して栗之助(くりのすけ)、小きん、小三治を経て1950年(昭和25)に5代目を襲名。72~96年落語協会会長。『三軒長屋』『長屋の花見』『らくだ』など滑稽噺を得意とする昭和の大型落語家。1995年(平成7)落語界初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。[関山和夫]

6代

(1947― )本名小堀義弘(よしひろ)。5代目小さんの長男。父である小さんに入門し、小太郎、小ゑん、三語楼(さんごろう)を経て2006年(平成18)に6代目を襲名。[関山和夫]
『『柳家小さん集』上下(1966、67・青蛙房) ▽興津要編『柳家小さん芸談・食談・粋談』(1975・大和書房) ▽『咄も剣も自然体』(1994・東京新聞出版局) ▽CD Book『五代目柳家小さん落語全集』(2000・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳家小さんの関連情報