コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石黒政常 いしぐろまさつね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石黒政常
いしぐろまさつね

[生]延享3(1746).江戸
[没]文政11(1828).7. 江戸
江戸時代後期の装剣金工。通称善蔵,のち周助。石黒斎,東岳子,寿谷斎,葉庵などの号がある。江戸横谷派に属し石黒派の開祖。鐔 (つば) や小柄 (こづか) などに写生風の花鳥文様を彫る。3代まで続くが,初代が名工門人に政美,政明がいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

石黒政常

没年:文政11.7(1828)
生年:延享3(1746)
江戸後期の装剣金工家。幼名は善蔵,のちに周助と名乗った。別号に東岳子,石黒斎,石黒翁,寿谷斎など。はじめ江戸神田三河町に住む加藤直常の門下となり,是常の名を許され,さらに直常の師である柳川直政にも師事して修業を重ねた。独立後,両師から政の字と常の字の免許を得て政常と改名し,晩年の還暦後には寿命と号した。江戸呉服町に住む。作品の制作は鐔をはじめ縁頭,小柄,笄,目貫など小道具類全般にわたり,赤銅魚々子地に花鳥を金,銀,四分一などの色金を用いて見事な高肉彫りで表したものが多い。写実的で華麗な作風は,当時流行の浮世絵趣味に通ずるところがある。横谷派の名工として知られ,石黒派の開祖となった。是常,政美,是美,政明ら一門の弟子の養成にも力を注ぎ,特にその直系は3代政常(1868没?)まで続いた。

(加島勝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

石黒政常の関連キーワード石黒政美(初代)石黒政常(3代)石黒政常(2代)石黒政明石黒政広柳川派

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android