コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石黒政常 いしぐろまさつね

2件 の用語解説(石黒政常の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石黒政常
いしぐろまさつね

[生]延享3(1746).江戸
[没]文政11(1828).7. 江戸
江戸時代後期の装剣金工。通称善蔵,のち周助。石黒斎,東岳子,寿谷斎,葉庵などの号がある。江戸横谷派に属し石黒派の開祖。鐔 (つば) や小柄 (こづか) などに写生風の花鳥文様を彫る。3代まで続くが,初代が名工。門人に政美,政明がいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

石黒政常

没年:文政11.7(1828)
生年:延享3(1746)
江戸後期の装剣金工家。幼名は善蔵,のちに周助と名乗った。別号に東岳子,石黒斎,石黒翁,寿谷斎など。はじめ江戸神田三河町に住む加藤直常の門下となり,是常の名を許され,さらに直常の師である柳川直政にも師事して修業を重ねた。独立後,両師から政の字と常の字の免許を得て政常と改名し,晩年の還暦後には寿命と号した。江戸呉服町に住む。作品の制作は鐔をはじめ縁頭,小柄,笄,目貫など小道具類全般にわたり,赤銅魚々子地に花鳥を金,銀,四分一などの色金を用いて見事な高肉彫りで表したものが多い。写実的で華麗な作風は,当時流行の浮世絵趣味に通ずるところがある。横谷派の名工として知られ,石黒派の開祖となった。是常,政美,是美,政明ら一門の弟子の養成にも力を注ぎ,特にその直系は3代政常(1868没?)まで続いた。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

石黒政常の関連キーワードフェリペ穴井六郎右衛門児童文学三大名作塙保己一荒木田久老歌体約言勘六司天台富永仲基

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone