コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片切彫 かたぎりぼり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片切彫
かたぎりぼり

彫金の一技法。金属面に片刃 (たがね) を斜めに打込んで,肥痩 (ひそう) のある線を彫刻する。円山派の絵画の付立 (つけたて) の筆法彫金で表わしたもので,鏨先を深く一刀で彫り込む。横谷宗 珉 (よこやそうみん) の創意になると伝えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かたきり‐ぼり【片切(り)彫(り)】

彫金技法の一。片切り鏨(たがね)で片方を斜めに彫って線を描くもの。江戸時代横谷宗珉(よこやそうみん)の創意によると伝えられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

片切彫の関連キーワード横谷宗【みん】菊池序克加納夏雄一宮長常東京彫金熊谷義之海野勝珉高麗青磁大月光興村上如竹土屋安親香川勝広辻充昌海野勝柳川派耀州窯町彫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android