コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚子 ななこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魚子
ななこ

斜子,魚々子七子などとも書く。 (1) 彫金技法の一種。先端が小さな円筒状につくられた子鏨 (たがね) を用い,金属面に粟粒大の細粒を密に打込んで地とし,主文様を浮き出させたもの。作例は白鳳時代からあり,奈良時代以降盛んになった。 (2) 絹織物の一種。経糸緯糸の2ないし数本を1単位として平織に織ったもの。魚子織とも呼び,京都,川島 (岐阜) ,桐生などで生産される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なな‐こ【魚子/×魶子/斜子/七子】

《「魚(な)の子」の意で、魚卵の粒がつながっている形から》
彫金技法の一。先端が小円になった鏨(たがね)を打ちこみ、金属の表面に細かい粒が密に置かれたようにみせるもの。一般に地文として用いる。ササン朝ペルシアから中国を経て奈良時代に日本に伝わった。
魚子織り」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

魚子の関連キーワード魚子・斜子・魶子・七子石黒政美(2代)たらこ(鱈子)シャークスキン斜子(織物)栞と紙魚子吉居亜希子諸星大二郎野村たかし石黒政明桑村弘良南沢奈央EIKI変化組織染谷俊之鯛屋貞柳柳生みゆ伊藤幸純大森派羽織紐

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚子の関連情報