コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳珍山 りゅうちんざん Yu Chin-san

1件 の用語解説(柳珍山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳珍山
りゅうちんざん
Yu Chin-san

[生]光武9(1905).10.18. 忠清南道,錦山
[没]1974.4.28. ソウル
韓国の政治家。 1920年代早稲田大学に学び,青年運動から政界へ入った。駆引きにたけた政治家として知られ,1954年以来,国会議員に7回連続当選。新民党の幹事長,副総裁を経て,71年1月から総裁。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳珍山の関連キーワード土佐光武直言光武帝街頭にて1905年10月1日、街頭にて舞ここち洪万植趙秉世閔泳煥ヤナーチェク:ピアノ・ソナタ 変ホ長調 「1905年10月1日の街角で」/piano solo

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone