コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駆(け)引き/懸(け)引き カケヒキ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐ひき【駆(け)引き/懸(け)引き】

[名](スル)《戦場で、進むことを「かけ」、退くことを「ひき」というところから》
商売や交渉・会議などで、相手の出方や状況に応じて自分に有利になるように処置すること。「―がうまい」
戦場で、時機を見計らって兵を進めたり退(ひ)いたりすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

駆(け)引き/懸(け)引きの関連キーワードインド・ネパール通商・通過条約コントラクトブリッジ天国と地獄(映画)ラシュタット会議議院運営委員会傾城色三味線世間胸算用傾城禁短気密室政治誓文払い柳珍山出方商売交渉妓夫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android