柳田泰雲(読み)やなぎだ たいうん

美術人名辞典の解説

柳田泰雲

書家。東京生。泰麓の子。正斎・泰麓と三代に続く書道家の家柄。たくましい内にも整正な楷書作品に独特の特色がある。日展参事・東方書道院審査員・全日本学生書道連盟理事長・学書院々長・日本書道文化研究所所長。平成2年(1990)歿、88才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳田泰雲 やなぎだ-たいうん

1902-1990 昭和時代の書家。
明治35年1月1日生まれ。柳田正斎の孫。書家の家に生まれ,父の柳田泰麓(たいろく)にまなぶ。東方書道会の創立に参加し,学書院院長などをつとめた。金泥書きの楷書(かいしょ)作品に独自の世界をきずいた。平成2年3月25日死去。88歳。東京出身。本名は伊秀(これひで)。作品に「紺紙金泥般若心経」「紺紙金泥離騒」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android