コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳開 りゅうかい Liu Kai

2件 の用語解説(柳開の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳開
りゅうかい
Liu Kai

[生]天福12(947)
[没]咸平4(1001)
中国,北宋の文学者。大名 (河北省) の人。字,仲塗。開宝6 (973) 年進士に及第。地方にあって辺境の防衛に功をあげた。若い頃から韓愈,柳宗元に傾倒し,唐末,五代の華麗な駢文 (べんぶん) の流行に反対して,宋代古文運動の先駆者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳開
りゅうかい
(947―1000)

中国、北宋(ほくそう)の文学者。字(あざな)は仲塗(ちゅうと)。大名(たいめい)(河北省)の人。唐の韓愈(かんゆ)、柳宗元(りゅうそうげん)の文体改革ののち、いったん古文が廃れて、ふたたび駢文(べんぶん)が盛んになったが、彼らの文章を好んで、その意図を継いで、古文の復興を志した。そのために、名を肖愈(しょうゆ)、字を紹元(しょうげん)と称したこともあるという。武芸をよくし、勝負事を好んだというのも、改革者らしいエネルギーの現れであろう。滄(そう)州の長官のとき死亡。欧陽修(おうようしゅう)の文体改革の先駆者である。『河東先生集』16巻がある。[入谷仙介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳開の関連キーワードエヌ天福日没・歿勃・歿・没三角数天福宮宮崎県日南市天福Diaz de la Peña,N.天福銭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳開の関連情報