柴灯の護摩(読み)さいとうのごま

精選版 日本国語大辞典の解説

さいとう【柴灯】 の 護摩(ごま)

仏語。修験道で、野外で柴薪をたいて行なわれる護摩。仏堂、または神社の庭で、不動明王を本尊として行ない、修験道当山派では「柴灯」、本山派では「採灯」の字を用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる