コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿原万蔵 かきはら まんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柿原万蔵 かきはら-まんぞう

1860-1919 明治-大正時代の実業家。
万延元年6月生まれ。家は代々武蔵(むさし)秩父(ちちぶ)郡(埼玉県)の絹の買い継ぎ問屋。明治28年品質の改良と製品の統一をめざして秩父織物同業組合を結成。西武商工銀行を創設,さらに上武鉄道(現秩父鉄道)を設立し初代社長となった。大正8年5月12日死去。60歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柿原万蔵の関連キーワード大森 喜右衛門(11代目)大森喜右衛門(11代)大正時代実業家

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android