コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父 チチブ

3件 の用語解説(秩父の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちちぶ【秩父】


埼玉県南西部の市。秩父盆地の中心地で、旧称は秩父大宮。秩父銘仙(めいせん)の産地。武甲(ぶこう)山石灰岩を産し、セメント工業が盛ん。夜祭りで知られる秩父神社がある。人口6.7万(2010)。
埼玉県西部、秩父市および秩父郡の総称。養蚕が盛んで、コンニャク・シイタケを特産。広く国や県の自然公園として指定。
秩父産の織物。また、「秩父絹」「秩父縞(じま)」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちちぶ【秩父】

◇ 埼玉県西部、秩父盆地の市。石灰石を産出しセメント工業が発達。ブドウなどの観光農園も多い。近年まで絹織物を産した。
「秩父絹」「秩父縞じま」などの略。 「 -の絣かすり

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秩父
ちちぶ

埼玉県西部にある地方。行政的には秩父市および秩父郡皆野(みなの)、長瀞(ながとろ)、小鹿野(おがの)、横瀬(よこぜ)の4町と東秩父の1村よりなるが、一般的には秩父山地、秩父盆地を含む地域をいう。全体として山地が多く、平地は秩父盆地、荒川およびその支流の赤平(あかびら)川の沿岸にわずかに存在するにすぎない。秩父の名は『続日本紀(しょくにほんぎ)』に武蔵(むさし)国の郡名として載っているのが最初で、知知夫国造(ちちぶくにのみやつこ)の支配下にあったことに由来するといわれる。708年(和銅1)秩父郡からの和銅献上により年号を和銅(わどう)と改めたとされる古い歴史をもつ土地で、平安時代末から中世には秩父氏や武蔵七党の丹(たん)党や児玉(こだま)党に属する諸氏が活躍した。江戸時代、忍(おし)藩の保護と奨励により秩父絹の生産が盛んになり、一、六の市(いち)や秩父神社の大祭には絹市が立った。
 耕地は傾斜地が多いため、米、麦の生産は県下でもっとも少ない地域である。かつては養蚕が盛んで、比企(ひき)、大里(おおさと)、児玉の諸郡とともに埼玉県養蚕地帯の一翼を担っていたが現在は衰退している。おもな農産物はコンニャクイモ、シイタケなどである。また、観光客の増加に伴い、観光農園が盛んである。秩父でもっとも中心的な生産物は武甲(ぶこう)山(1295メートル)の石灰岩で、武甲山の東側に露頭があり、その埋蔵量は約2億トンといわれ、多くの企業によって採掘され、山容は著しく変化し、荒々しい山肌を示している。これらのうち太平洋セメントの三輪(みのわ)鉱山がもっとも大規模で、露天掘りを行っている。石灰岩は秩父市内の工場のほか、熊谷(くまがや)・日高の工場でセメントにしている。もう一つの中心的な産業は観光である。広く連なる秩父の山々、清冽(せいれつ)な流れの荒川本支流の渓谷など、秩父の観光資源は数多く存在するため、国や県ではこの地域を自然公園として指定しており、秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園、県立武甲自然公園、県立長瀞玉淀(ながとろたまよど)自然公園、県立上武(じょうぶ)自然公園、県立両神自然公園、県立西秩父自然公園がある。このうち秩父多摩甲斐国立公園は、秩父市大滝地区、小鹿野町両神地区の西部を含むもので、三宝山(さんぽうざん)(2483メートル)や甲武信(こぶし)ヶ岳(2475メートル)の高峰をはじめ、雲取山(くもとりやま)、三峰(みつみね)山、両神山などや、雁坂(かりさか)峠、新緑や紅葉の名所として名高い中津峡などがある。武甲自然公園は武甲山をはじめ、橋立鍾乳洞(はしだてしょうにゅうどう)や秩父七湯(しちとう)といわれた鉱泉がある。長瀞玉淀自然公園には、荒川沿岸4キロメートルにわたって続く国指定名勝天然記念物の長瀞や、その下流の玉淀ダムの景勝地がある。これらの景勝地を訪れる観光客は、西武鉄道秩父線の開通(1969)により便利になり、増加している。また、上越新幹線、高崎線の熊谷駅から秩父鉄道で来訪することもできる。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父の関連キーワード赤平川奥秩父雁坂峠新庄秩父盆地伊那十日町小鹿野[町]秩父[市]皆野[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秩父の関連情報