コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃東大裕 とちあずま だいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栃東大裕 とちあずま-だいすけ

1976- 平成時代の力士。
昭和51年11月9日生まれ。元関脇栃東知頼(現玉ノ井親方)の次男。明大中野高3年で高校横綱となり,父の玉ノ井部屋に入門。平成6年11月初土俵,8年5月新十両,同年11月新入幕。14年1月大関昇進。得意手はおっつけ,右四つ,寄り,上手出し投げで,技能派力士といわれた。19年高血圧症などのため引退し,年寄栃東を名乗る。通算幕内成績は63場所,483勝296敗,幕内優勝3回(平成14年1月,15年11月,18年1月),殊勲賞3回,敢闘賞2回,技能賞7回,金星4。東京都出身。本名は志賀太祐。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栃東大裕の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ドナルド ヘンダーソン安野光雅アンリ鎌田慧ゴダール(Jean-Luc Godard)佐佐木幸綱ファスビンダーブルガリア文学ペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android