栃東大裕(読み)とちあずま だいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栃東大裕 とちあずま-だいすけ

1976- 平成時代の力士。
昭和51年11月9日生まれ。元関脇栃東知頼(現玉ノ井親方)の次男。明大中野高3年で高校横綱となり,父の玉ノ井部屋に入門。平成6年11月初土俵,8年5月新十両,同年11月新入幕。14年1月大関昇進。得意手はおっつけ,右四つ,寄り,上手出し投げで,技能派力士といわれた。19年高血圧症などのため引退し,年寄栃東を名乗る。通算幕内成績は63場所,483勝296敗,幕内優勝3回(平成14年1月,15年11月,18年1月),殊勲賞3回,敢闘賞2回,技能賞7回,金星4。東京都出身。本名は志賀太祐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android