コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原貞子 くりはら さだこ

1件 の用語解説(栗原貞子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原貞子 くりはら-さだこ

1913-2005 昭和-平成時代の詩人。
大正2年3月4日生まれ。昭和6年,アナーキスト栗原唯一と結婚。戦時中「人間の尊厳」などの反戦詩をかく。20年広島で被爆。夫とともに「中国文化連盟」を結成し,21年機関誌「中国文化」を創刊,原爆特集号に詩「生ましめんかな」を発表,また反戦詩集「黒い卵」を自費出版した。その後も原水爆禁止運動にとりくみ,「私は広島を証言する」「ヒロシマ・未来風景」などを刊行。平成17年3月6日死去。92歳。広島県出身。可部高女卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

栗原貞子の関連キーワード会田千衣子石川逸子江間章子大木実正津勉田中清光知念栄喜鶴岡善久寺門仁河野道代

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗原貞子の関連情報