コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗山理一 くりやま りいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗山理一 くりやま-りいち

1909-1989 昭和時代の国文学者,評論家。
明治42年1月14日生まれ。昭和13年「文芸文化」を創刊し,14年「風流論」,16年「古典的感覚」を刊行。興亜工業大教授などをへて,29年より成城大教授。俳諧(はいかい)に焦点をあわせ「俳句批判」「俳諧史」「芭蕉の俳諧美論」などをだした。平成元年8月19日死去。80歳。佐賀県出身。広島文理大卒。号は草春。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栗山理一の関連キーワードさび(寂)昭和時代臨機応変世阿弥去来抄三冊子蕪村一茶風狂俳論

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android