コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗木京子 くりき きょうこ

1件 の用語解説(栗木京子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗木京子 くりき-きょうこ

1954- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和29年10月23日生まれ。高安国世に師事。昭和50年角川短歌賞次席。平成14年短歌研究賞。歌集「夏のうしろ」で15年若山牧水賞,16年読売文学賞。19年「けむり水晶」で芸術選奨文部科学大臣賞,迢空(ちょうくう)賞。26年「水仙の章」で斎藤茂吉短歌文学賞。知的で独特の叙情で知られる。歌誌「塔」,「読売歌壇」の選者。愛知県出身。京大卒。歌集はほかに「水惑星」「中庭」「万葉の月」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

栗木京子の関連キーワード池田純義石田比呂志井上宗雄清原令子田井安曇高嶋健一友松賢中野照子蒔田さくら子山田富士郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗木京子の関連情報