コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水仙 スイセン

デジタル大辞泉の解説

すい‐せん【水仙】

ヒガンバナ科の多年草。早春に、鱗茎(りんけい)から1本の花茎を出し、白や黄色で中央に副花冠をもつ花を横向きにつける。葉は根生し、平たい線形。耐寒性で栽培に適し、観賞用とする。らっぱ・口紅・房咲き・八重咲きスイセンなどの品種がある。主に地中海沿岸地方の原産。本州以西の海岸に自生するものは、野生化したものといわれる。雪中花。 冬》「―や寒き都のここかしこ/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいせん【水仙】

ヒガンバナ科スイセン属の植物の総称。地中海沿岸原産。北半球の暖帯に分布。約30種あり、園芸品種が多い。多年草で鱗茎からリボン状の葉を根生。12~2月、花茎に一~数個の花を横向きにつける。花被片は六個で白か黄、中央に黄・オレンジなどの副花冠がある。ギリシャ神話では、ナルキッソスの化身。平安末期に日本に渡来。 [季] 冬。
のうち、関東以西に自生し、また切り花用に栽培される、香りの強い房咲きのもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

水仙 (スイセン)

学名:Narcissus tazetta
植物。ヒガンバナ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

水仙の関連キーワード福井県丹生郡越前町血ヶ平クイーンビクトリア公園福井県福井市浜北山町長崎県長崎市野母町ナルシス・ノワール福井県福井市居倉町アルストロメリアメースフィールド久保田九品太ナルキッソスギリシャ神話すいっぴーヒガンバナ津打三郎治カーディフ道喜ちまき歳寒三友雪中四友歳寒仙侶越前水仙

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水仙の関連情報