コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水仙 スイセン

デジタル大辞泉の解説

すい‐せん【水仙】

ヒガンバナ科の多年草。早春に、鱗茎(りんけい)から1本の花茎を出し、白や黄色で中央に副花冠をもつ花を横向きにつける。葉は根生し、平たい線形。耐寒性で栽培に適し、観賞用とする。らっぱ・口紅・房咲き・八重咲きスイセンなどの品種がある。主に地中海沿岸地方の原産。本州以西の海岸に自生するものは、野生化したものといわれる。雪中花。 冬》「―や寒き都のここかしこ/蕪村

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいせん【水仙】

ヒガンバナ科スイセン属の植物の総称。地中海沿岸原産。北半球の暖帯に分布。約30種あり、園芸品種が多い。多年草で鱗茎からリボン状の葉を根生。12~2月、花茎に一~数個の花を横向きにつける。花被片は六個で白か黄、中央に黄・オレンジなどの副花冠がある。ギリシャ神話では、ナルキッソスの化身。平安末期に日本に渡来。 [季] 冬。
のうち、関東以西に自生し、また切り花用に栽培される、香りの強い房咲きのもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水仙の関連情報