水仙(読み)スイセン

デジタル大辞泉の解説

すい‐せん【水仙】

ヒガンバナ科の多年草。早春に、鱗茎(りんけい)から1本の花茎を出し、白や黄色で中央に副花冠をもつ花を横向きにつける。葉は根生し、平たい線形。耐寒性で栽培に適し、観賞用とする。らっぱ・口紅・房咲き・八重咲きスイセンなどの品種がある。主に地中海沿岸地方の原産。本州以西の海岸に自生するものは、野生化したものといわれる。雪中花。 冬》「―や寒き都のここかしこ/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいせん【水仙】

ヒガンバナ科スイセン属の植物の総称。地中海沿岸原産。北半球の暖帯に分布。約30種あり、園芸品種が多い。多年草で鱗茎からリボン状の葉を根生。12~2月、花茎に一~数個の花を横向きにつける。花被片は六個で白か黄、中央に黄・オレンジなどの副花冠がある。ギリシャ神話では、ナルキッソスの化身。平安末期に日本に渡来。 [季] 冬。
のうち、関東以西に自生し、また切り花用に栽培される、香りの強い房咲きのもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水仙の関連情報