コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高安国世 たかやす くによ

2件 の用語解説(高安国世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高安国世 たかやす-くによ

1913-1984 昭和時代の歌人,ドイツ文学者。
大正2年8月11日生まれ。歌人高安やす子の子。昭和9年「アララギ」に入会し,土屋文明に師事。24年歌集「真実」を刊行し,29年「塔」を創刊,戦後派歌人のひとりとして活躍した。リルケ研究家としても知られ,「ロダン」など訳書もおおい。38年京大教授。昭和59年7月30日死去。70歳。大阪出身。京都帝大卒。歌集はほかに「虚像の鳩」「光の春」など。
【格言など】大いなる「無」の見るかすかなる夢の我の一生か思えば安し(「光の春」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高安国世
たかやすくによ
(1913―1984)

歌人、ドイツ文学者。大阪市生まれ。京都帝国大学独文科卒業。京都大学教授。1934年(昭和9)アララギに入会し、土屋文明(つちやぶんめい)の指導を受ける。温和ななかに知的なひらめきを秘めた初期の作風から、第二次世界大戦後の知識人の思想的苦悶(くもん)を歌った歌集『真実』(1949)を経て、方法的試みを展開した『虚像の鳩(はと)』(1963)に至り、文明門下の一異風を開いた。54年(昭和29)『塔』を創刊・主宰。歌集はほかに『Vorfrhling(早春)』『年輪』『夜の青葉に』『街上』など。歌論集、リルケの翻訳など独文関係の著書も多い。[岡井 隆]
『『高安国世短歌作品集』全一巻(1977・白玉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高安国世の関連キーワード富田砕花足立公平池田純義伊藤公平伊藤保江口きち小谷心太郎鈴木康文谷邦夫前田透

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高安国世の関連情報