栗栖 赳夫(読み)クルス タケオ

20世紀日本人名事典の解説

栗栖 赳夫
クルス タケオ

昭和期の政治家,銀行家 蔵相;参院議員(自由党);日本興業銀行総裁。



生年
明治28(1895)年7月21日

没年
昭和41(1966)年5月10日

出生地
山口県岩国市

学歴〔年〕
東京帝大法学部卒

学位〔年〕
法学博士

経歴
日本興業銀行に入り、証券課長、証券部長、理事を歴任したのち、昭和22年総裁に就任。同年第1回参院選に初当選、片山内閣蔵相に入閣して総裁を辞任。23年芦田内閣の国務相(経済安定本部長官)となり、物価庁長官も兼任。同年9月昭電疑獄事件で収賄容疑で逮捕され、37年11月有罪(懲役8ケ月執行猶予1年、追徴金150万円)が確定した。社会信託の権威で中大教授を務めたこともある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

栗栖 赳夫
クルス タケオ


肩書
蔵相,参院議員(自由党),日本興業銀行総裁

生年月日
明治28年7月21日

出生地
山口県岩国市

学歴
東京帝大法学部卒

学位
法学博士

経歴
日本興業銀行に入り、証券課長、証券部長、理事を歴任したのち、昭和22年総裁に就任。同年第1回参院選に初当選、片山内閣の蔵相に入閣して総裁を辞任。23年芦田内閣の国務相(経済安定本部長官)となり、物価庁長官も兼任。同年9月昭電疑獄事件で収賄容疑で逮捕され、37年11月有罪(懲役8ケ月執行猶予1年、追徴金150万円)が確定した。社会信託の権威で中大教授を務めたこともある。

没年月日
昭和41年5月10日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

栗栖 赳夫 (くるす たけお)

生年月日:1895年7月21日
昭和時代の銀行家;政治家。蔵相;参議院議員;日本興業銀行総裁
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android