コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株屋 カブヤ

大辞林 第三版の解説

かぶや【株屋】

俗に、株式の売買を業とする人をいう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の株屋の言及

【相場師】より

…【遠藤 元男】 明治維新以降,欧米の株式制度を取り入れて,1878年に株式取引所(東京株式取引所)を開設したので,相場師の活躍舞台はここにもできた。第2次大戦前の株式市場は投機的取引が中心となり,株屋といわれた株式仲買人の中には,相場師として活躍する人も多かった。東京株式取引所設立当時の怪物,天下の糸平こと田中平八は,その最初の大相場師といえる。…

※「株屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

株屋の関連キーワード英 太郎(1代目)英 太郎(初代)リング ラードナルイ・フィリップ吉行 エイスケ吉行エイスケ和田 久太郎本山 茂貞遠山 元一間宮 茂輔中央(区)大辻 司郎ラードナー根津嘉一郎池波正太郎堀 久作風見 章大井 治大井治銀子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

株屋の関連情報