コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相場師 ソウバシ

世界大百科事典 第2版の解説

そうばし【相場師】

商品や有価証券(主として株式)を,実需や中長期の投資目的に基づく売買ではなく,売値,買値の価格差金を目的として,投機的に売買し,その差金で生計をたてることを職業とする者をいう。多くは,清算取引信用取引なども利用し,多額の売買をする。その売り買いによって,取引所の市場価格が影響されるほどの者も,しばしば出現する。日本では近世初期,すでに大坂堂島の米会所で,投機取引が発達し,相場師が出ている。1816年(文化13)ころの《世事見聞録》には,米相場は大坂堂島が日本第一の根元で,そこには相場師という強勢なものが多くいて,ひとりで米10万石から100万石ほどを売買したりして,器量くらべ,運くらべをして勝負を決めているとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうばし【相場師】

相場の変動によって生じる利益の取得を業として行う人。投機師。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

相場師の関連キーワード桂 米団治(3代目)藤本清兵衛(初代)ジョージ・ソロススペキュレーター岩本 栄之助佐藤 和三郎ホーイイエン山崎 種二油屋 熊八根津嘉一郎近藤 信男香川 不抱金田 徳光雨宮敬次郎佐藤和三郎福島 浪蔵是川 銀蔵高橋 是清油屋熊八若尾逸平

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相場師の関連情報