僥倖(読み)ぎょうこう

精選版 日本国語大辞典「僥倖」の解説

ぎょう‐こう ゲウカウ【僥倖】

〘名〙
① 思いがけない幸運。偶然に訪れた幸運。こぼれざいわい。
※律(718)賊盗「遂使独為僥倖
※授業編(1783)五「信賞必罰法令を守り僥倖(ケウカウ)を抑え名実を明らかにし」 〔荘子‐在宥〕
② (━する) 幸運を待つこと。思いがけないしあわせを願うこと。
※空華集(1359‐68頃)一四・荅国清昕東洲書「豈与常人僥倖乎名位槩視邪」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「僥倖」の解説

ぎょう‐こう〔ゲウカウ〕【××倖】

[名](スル)
思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」
幸運を願い待つこと。
「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島生れ出づる悩み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android