僥倖(読み)ぎょうこう

精選版 日本国語大辞典 「僥倖」の意味・読み・例文・類語

ぎょう‐こう ゲウカウ【僥倖】

〘名〙
① 思いがけない幸運。偶然に訪れた幸運。こぼれざいわい。
※律(718)賊盗「遂使独為僥倖
※授業編(1783)五「信賞必罰法令を守り僥倖(ケウカウ)を抑え名実を明らかにし」 〔荘子‐在宥〕
② (━する) 幸運を待つこと。思いがけないしあわせを願うこと。
空華集(1359‐68頃)一四・荅国清昕東洲書「豈与常人僥倖乎名位槩視邪」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「僥倖」の意味・読み・例文・類語

ぎょう‐こう〔ゲウカウ〕【××倖】

[名](スル)
思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」
幸運を願い待つこと。
生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島生れ出づる悩み
[類語]ラッキー幸運付き幸せ幸い果報開運盛運強運悪運儲け物拾い物恵まれるあやかるついてる物怪もっけの幸い不幸中の幸い怪我けがの功名又と無い又無い又と二度と二度と再びめった千載一遇得難いまれかけがえのない希有けう盲亀もうき浮木ふぼく一期一会いちごいちえ見せ場決め所思いがけない思いがけず待てば甘露の日和ひよりあり折よくここぞ一世いっせ一代最初で最後図らずも決定的瞬間契機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「僥倖」の読み・字形・画数・意味

【僥倖】ぎようこう(げうかう)

幸運を求める。〔後漢書、呉漢伝〕蓋(けだ)し聞く、上智きに處(を)りて、以て僥倖せず、~下愚きに安んじて、以て自らぶと。

字通「僥」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android