コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核原形質 かくげんけいしつnucleoplasm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核原形質
かくげんけいしつ
nucleoplasm

細胞の本体で生活物質である原形質のうち,核をつくる原形質をいい,核膜,その内部にある染色質核小体 (仁) ,およびその間を満たす核液から成る。細胞質に対する語。 1882年に E.シュトラスブルガーによって明らかにされた。 W.フレミングnucleoplasmのかわりに karyoplasmの語を提案し,普通「核質」と訳されているが,染色質 chromatinを核質ということもあり,混同されやすい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android