コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染色質 せんしょくしつchromatin

翻訳|chromatin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

染色質
せんしょくしつ
chromatin

細胞の核内に存し,ヘマトキシリンなどの塩基性色素で染色される物質。染色体の主成分。デオキシリボ核酸 DNAとヒストンの結合した核蛋白質を主体とする。染色質を真正染色質異質染色質に分けることがある。真正染色質は異常凝縮を起さず,低温による退色反応も示さないが,遺伝子を含む。これに対して異質染色質は異常凝縮を起し,退色反応で各染色体に特有の縞模様を示し,遺伝子がないか,あるいは少いとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんしょく‐しつ【染色質】

細胞のに含まれている好塩基性物質。クロマチン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の染色質の言及

【細胞】より

…核は,原核細胞に比べて100~1000倍も大きなゲノムDNAが結合する多数の染色体を保護し,遺伝情報の発現につごうのよい環境を形づくっている。核質のうち,染色体DNAを結合する染色質chromatinは,とくに遺伝情報発現とその調節を行っている重要な部分で,原核細胞の核様体とは違って,遺伝子DNAがヒストンというタンパク質8分子でつくる〈ヌクレオソームコアnucleosome core〉に巻きとられたビーズ状の構造を基本構造にして,スーパーコイルなどの高次な折りたたみ構造をとる染色糸がそこに位置している。また,核質には,RNAに富み,容易にそれとわかるボール状の核小体が通常1ないし数個分布しており,細胞質のリボソームに含まれる3種類のRNA分子(18S,5.8Sおよび28S rRNA)はつながった前駆体RNAとしてここで転写されている。…

※「染色質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

染色質の関連キーワードクロマチン線(繊)維セックス・チェックヌクレオソームターナー症候群性別判定法フレミング異型精子老化現象細胞分裂有糸分裂性染色体個人識別核原形質紡錘体細胞核染色糸毛髪腫瘍核液核質

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android