コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核恐喝 かくきょうかつ nuclear blackmail

1件 の用語解説(核恐喝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核恐喝
かくきょうかつ
nuclear blackmail

核兵器を用いて攻撃をしかけるというおどしをかけて自国の政治的目的を達成しようとすること。スエズ戦争の際ソ連がイギリスフランスに対して行なったものがその例。超大国間では,相手に核攻撃をしかければ相手からも核兵器による報復を受ける必然性があるので,もはや核恐喝は意味をなさないが,核保有国と非核保有国との間では依然としてこの可能性がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核恐喝の関連キーワード戦術核兵器核戦争夜陰荒目威御土砂を掛ける核攻撃攻掛る攻掛ける戦域核兵器ビルドダウン

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone