コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反作用 はんさようreaction

翻訳|reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反作用
はんさよう
reaction

2物体A,Bが効果を及ぼし合うとき,AがBに及ぼす効果を作用といえば,逆にBがAに及ぼす効果を反作用という。特に2物体がを及ぼし合うときは作用反作用の法則が成り立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐さよう【反作用】

物体に働くある作用に対して、同じ大きさで反対方向に働く作用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんさよう【反作用】

〘物〙 ある物体に力が働くとき、力を及ぼしたものに、同じ大きさで正反対の方向に働き返す力。
生物の生活の結果が環境に影響を与えてこれを変化させる現象。逆作用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

反作用の関連キーワードエドウィン・M. レマートゼロモーメントポイントニュートンの第三法則ダランベールの原理フラッシュオーバー原子力ロケットアンプリダインジェット推進船運動の第三法則ジェット推進ジェット推力くりこみ理論ラム・シフト反作用電動機反作用の原理電磁ブレーキリアクションフォコンネ主観能動性副交感神経

反作用の関連情報