反作用(読み)はんさよう

精選版 日本国語大辞典「反作用」の解説

はん‐さよう【反作用】

〘名〙 ある物体が他の物体にを及ぼすとき、同時に同じ大きさで逆向きの力を他の物体から受けること。二つの物体が互いに力を及ぼし合う状態を一方の側からとらえたもので、ニュートンが作用反作用の法則として提唱した。また、一般的に、ある動きに対して、それとは反対の動きが生じること。
※聖家族(1930)〈堀辰雄〉「女らしい感情を喚び起したのとまったく同じの心理作用が、今度は、その反作用ででもあるかのやうに起ったのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「反作用」の解説

反作用
はんさよう
reaction

2物体AB効果を及ぼし合うとき,AがBに及ぼす効果を作用といえば,逆にBがAに及ぼす効果を反作用という。特に2物体が力を及ぼし合うときは作用反作用の法則が成り立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「反作用」の解説

はん‐さよう【反作用】

物体に働くある作用に対して、同じ大きさで反対方向に働く作用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android