コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核物質防護条約 かくぶっしつぼうごじょうやくConvention on the Physical Protection of Nuclear Material

2件 の用語解説(核物質防護条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核物質防護条約
かくぶっしつぼうごじょうやく
Convention on the Physical Protection of Nuclear Material

平和利用のための核物質を不法な取得および使用から守り,不正行為をした者を処罰することを目的とする国際条約1979年に国際原子力機関 IAEA加盟国により採択され,1987年2月8日に発効。日本は 1988年に締約国となった。柱は,(1) 国際輸送中の核物質が自国の領域内または自国管轄下の船舶・航空機内にある場合適切な防護措置をとること,(2) 国内法を制定し核物質の不法な取得・使用,核物質を用いた殺人,傷害などの行為を犯罪として処罰することである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かくぶっしつぼうごじょうやく【核物質防護条約】

正称、核物質の防護に関する条約。核物質の国際輸送の際に一定水準の防護措置を確保すること、核物質の強取等の犯罪に対する措置などを定める。1987年発効。日本は88年(昭和63)批准。核ジャック防止条約。 PP 条約。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核物質防護条約の関連情報