根葉(読み)コンヨウ

デジタル大辞泉の解説

こん‐よう〔‐エフ〕【根葉】

根出葉(こんしゅつよう)」に同じ。

ね‐は【根葉】

根と葉。また、根も葉も、すべて。
「その家来の浪人まで引っ捕へて、―を絶やさうと」〈伎・四谷怪談
心にわだかまっていて、あとまで残る恨み。
「他(ひと)の噂の草履打、それを―にも思はずに」〈人・辰巳園・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こん‐よう ‥エフ【根葉】

ねから‐はから【根葉】

〘副〙 (「はから」は「根から」に語調を合わせてつけたもの) 「ねから(根━)」を強めたいい方。すっかり。全然。いっさい。
※俳諧・うちくもり砥(1682)「その我の折りやう真実に根から葉からとぞ」
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)鑓じるし「ねからはから聞ねば、気に懸かって夜が寝られず」

ねっから‐はっから【根葉】

ね‐は【根葉】

〘名〙
① 根と葉。また、ものごとの根本をいう。
※史記抄(1477)一六「皆窮根本とは根葉をただいたぞ」
② あれこれと心中にわだかまって、あとまで残るもの。恨み。遺恨。根(ね)
※歌舞伎・阿国御前化粧鏡(1809)五立「おのれが無礼を顧ず、某を根葉(ネハ)に存じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

根葉の関連情報