根国(読み)ねのくに

精選版 日本国語大辞典の解説

ね‐の‐くに【根国】

〘名〙 日本古代の他界観の一つ。死者の霊が行くと考えられた地下の世界。には祖先の居住する世界という意があると考えられ、海上彼方にあって祖霊のいる世界とも考えられていたと思われる。底の国。黄泉(よみ)。黄泉の国。ねのかたすくに。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「永(ひたふる)に根国(ネノくに)に就(まか)りなむと将(す)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根国の関連情報