コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本法 こんぽんほうfundamental law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根本法
こんぽんほう
fundamental law

一般的には,基本法とも訳され,憲法と同義であるが,立憲思想史の上では中世以来の「根本法 lex fundamentalis」に特定される。その内容は中世キリスト教世界を背景とする神法,自然法および封建的契約観念であり,支配者の恣意的支配を抑制するものと考えられた。近代においても思想的影響力を維持し,社会契約論の理念はその表現であるといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

根本法の関連キーワードヘッケル(Ernst Heinrich Haeckel)E.H.P.A. ヘッケルイズゥレ・ルゥバティエール禁中並公家諸法度メンデルの法則地層累重の法則ハイゼンベルクモナルコマキ否定の否定日本国憲法若草伽藍跡立憲君主制フレーゲ憲法改正教相判釈物理学婦人論方以智同一律教会法

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根本法の関連情報