基本法(読み)キホンホウ

世界大百科事典 第2版の解説

きほんほう【基本法】

(1)憲法,根本法と同義に,国家の基本組織を規定する法(fundamental law)の意味で用いられることがある。16~17世紀のヨーロッパでは,他の諸法よりも高次の効力を有し,君主ですら一方的に変更しえない法と観念されていたが,J.ロックなどの自然法思想と市民革命の成果に採り入れられ,近代憲法の概念と結びついた。(2)日本では,特定の行政領域における国の行政上の基本的理念,政策,方針を明らかにするために制定された法律にこの名称を付することがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きほんほう【基本法】

国家統治の基本たる憲法をいう。慣習として確立されている不文憲法をも含む。 「ボン-」
ある特定の分野に関する法律の中で、最も基本的な事項を定めた法律。 「教育-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基本法の関連情報