コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基本法 キホンホウ

3件 の用語解説(基本法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きほん‐ほう〔‐ハフ〕【基本法】

国家経営の基本となる法。憲法。
特定の行政分野における基本政策、または基本方針を示すために制定される法律。教育基本法公害対策基本法原子力基本法など。
ドイツ基本法

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きほんほう【基本法】

(1)憲法,根本法と同義に,国家の基本組織を規定する法(fundamental law)の意味で用いられることがある。16~17世紀のヨーロッパでは,他の諸法よりも高次の効力を有し,君主ですら一方的に変更しえない法と観念されていたが,J.ロックなどの自然法思想と市民革命の成果に採り入れられ,近代憲法の概念と結びついた。(2)日本では,特定の行政領域における国の行政上の基本的理念,政策,方針を明らかにするために制定された法律にこの名称を付することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きほんほう【基本法】

国家統治の基本たる憲法をいう。慣習として確立されている不文憲法をも含む。 「ボン-」
ある特定の分野に関する法律の中で、最も基本的な事項を定めた法律。 「教育-」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基本法の関連情報